Wataridori’s radio アーカイブ(#31-#40)

posted in: Podcast | 0

こんにちは!Wataridori‘s radioのかたやまかずさ(@wataridorich)です。

 

アーカイブ第四弾は3月4日から3月13日までの10回分です。

 

この期間のおすすめ回は

#34『野球というスポーツにもっともマッチしたドイツ少年野球の「打者数制限」というルール』

です。

 

投球制限といえば、日本では“球数制限”が主流ですが、ドイツでは“打者数制限”が用いられています。

 

この“打者数制限”がぼくは野球という競技にとてもマッチした投球制限だと思うのでご紹介させていただきました。

 

何か作業をしながらの片手間でもいいのでお聴きいただけると嬉しいです。

 

アーカイブ(3月4日ー3月13日配信分)

 

#31『動けない今だからこそ、今動いた者が勝つ』

 

#32『海外へ挑戦する日本人へ 言葉だけがコミュニケーションじゃない』

 

#33『ドイツ少年野球冬の陣“ウィンターリーガ”(インドアベースボール)について』

 

#34『野球というスポーツにもっともマッチしたドイツ少年野球の「打者数制限」というルール』

 

#35『自分の国の文化(カルチャー)は知っておくべき。なぜならそれは海外でのコミュニケーションツールになるから』

 

#36『外国人不在で開幕を迎えなければならなくなった横浜DeNAが考えるべきこと』

 

#37『反復練習のゴール』

 

#38『東日本大震災をずっと”他人事”で生きてきた僕が今伝えたいこと』

 

#39『ドイツベースボールブンデスリーガシーズン2021についてドイツ野球連盟の発表をシェアします』

 

#40『ドイツに野球なんかあるの?と思っている日本人の認識より、はるかに認知されているドイツでの野球』

コメントを残す