かたやまかずさ

1993年 福岡県出身

ドイツブンデスリーガ1部ケルンカージナルス選手兼任監督

野球普及プロジェクト『はじめまして、野球 ~野球の未来をになっているのは、まだ野球を知らない子どもたち~』発起人

グラブレンタルサービス事業『つなグラ』代表

経歴

中学から本格的に野球を始め、中学3年時に福岡県選抜チームに選出、全国制覇を果たす。

高校大学と野球を続け、周りと同じように就職活動はしたものの大学卒業時に「まだ野球を続けたい」という強い思いから、一念発起。欧州リーグへの挑戦を決意する。

2016年春からドイツのトップリーグであるケルンカージナルスに所属し2年目の2017年よりプロ野球選手としてのキャリアをスタート。同年オールスター戦に選出され出場を果たす。2017年以降日本人として唯一のプロベースボールブンデスリーガーとして活躍。

同2017年からケルンカージナルスU-18の監督も務め若手の育成にも力をいれる。

2019年からはその指導力を評価され、U-18のみならずクラブのインストラクターとしてU-10から大人まで全年代の指導にあたる。

2019年シーズン途中からはブンデスリーガ史上初となる日本人監督に抜擢。選手と兼任でチームの指揮を執り、2019年、2020年とトップリーグ残留を果たす。

2017年にはチームヨーロッパU-15のコーチとしてアメリカ・セントルイス遠征に帯同。2017年/2019年にはU-20のコーチ兼マネージャー兼通訳として福岡遠征に帯同。

日本国内ではプライベートレッスンや野球教室・講演会活動を行う。

2020年に野球人口減少問題に取り組むため、野球普及プロジェクト「はじめまして、野球 全国PRツアー ~野球の未来を担っているのは、まだ野球を知らない子どもたち~」を立ち上げ、クラウドファンディングで資金を調達し、実行。

2021年には野球を行う上での、金銭的負担を軽減することを目的としたグラブレンタルサービス『つなグラ』を立ち上げる。

過去に受けた取材の記事はこちら1

過去の実績

・野球教室多数

・個人レッスン多数

・東北復興支援野球教室参加

・講演会、セミナー多数

・ケルン市内小学校課外授業(野球)講師

・ヨーロッパ選抜チーム  マネージャー

・ケルンカージナルス(2020シーズン)日本トライアウト実施

・野球普及プロジェクト『はじめまして、野球 全国PRツアー』企画・発案・実行

他多数