グラブレンタルサービス事業立ち上げとクラウドファンディング挑戦のお知らせ

posted in: WataridorisBlog | 0

こんにちは!かたやまかずさ(@wataridorich)です。今日は新しいチャレンジのお知らせをさせていただきます。

新規事業グラブレンタルサービス『つなグラ』の立ち上げ

グラブメンテナンス事業を行う『YANO‘S GLOVE SALON』と共同で、月額1100円のグローブレンタルサービス『つなグラ』を立ち上げることになりました。

日本の家庭には「自分ではもう使わないけどまだ使えるグラブ」が数多く眠っています。

『つなグラ』は、その皆さまの元相棒をクラウドファンディングで寄付していただき、プログラブメンテナーが蘇らせ、あなたのグラブがもう一度輝ける場、そして新しいパートナーと出会う場を作ります。

『つなグラ』とは、あなたの元相棒を未来へ『つな』ぐ『グラ』ブレンタルサービスです。

 

野球離れの原因一つ『道具が高い』

子どもが続けていけるかわからないスポーツに数万円を払うのは勇気と覚悟がいることです。そして、始めてからも、成長やポジションの変更によって何度もグラブを買い替えるとなると、ご家庭への大きな負担となります。

私たちは野球の金銭的な高いハードル下げるために月額1100円でグローブが借りられるサービス『つなグラ』をつくります。

・使わなくなったら返却。

・ポジションが変わった、サイズが合わなくなったら交換。

・使ってみて気に入ったら購入。

という3つの新しい選択肢を野球界に提供します。

私たちはこのグラブレンタルサービス『つなグラ』で金銭的負担を軽減させ「野球が始めやすく続けやすい世の中」を目指します。

 

グラブを対象としたクラウドファンディング

そしてこの事業を行うために中古グラブが必要になります。

そのグラブをクラウドファンディングで皆さまに寄付していただきたいと思います。全国のご家庭に眠っている「まだ使えるけど自分ではもう使わないグラブ」を「野球が始めやすく続けやすい世の中」の実現のため譲っていただけないでしょうか?

プロのグラブメンテナーが丁寧にメンテナンスをして大切に扱わせていただきます。

クラウドファンディングをは515日から6月末で行う予定です。

また中古グラブを使用することでSDGs目標12サーキュラーエコノミー(資源を循環させる経済の仕組み)を活動理念として社会問題にも取り組みます。

 

コロナウイルスの影響で渡独もできず、野球普及プロジェクトも活動が停止していますが、僕自身の動きは止めてはいけないと思い、新しいチャレンジを行うことにしました。

今この記事を読んで下さっている皆さまが、情報のシェアや拡散をしていただけると大変心強く、嬉しく思います。

どうぞご協力よろしくお願いします。

コメントを残す