ドイツ野球情報ドイツベースボールブンデスリーガ(南部)開幕

posted in: ドイツ野球 | 0

こんにちは!かたやまかずさ(@wataridorich)です。

41日(日本時間42日)にドイツ野球のトップリーグ、ベースボールブンデスリーガ南部の2021シーズンが開幕しました。

ブンデスリーガ南部が開幕

ドイツは未だロックダウン中(現時点で4月18日まで)ですが、ブンデスリーガとして2021シーズンの初戦。シュテュッツガルトレッズ 対 ITウルムファルコンズ1試合が行われ、結果は221でシュテュッツガルトレッズの6回コールド勝ちです。

僕も南部について詳しくないので、この結果が本来の実力差なのかどうかは正直わかりません。ですが、外国人選手の有無、ロックダウン中にどれくらい練習できたかなどの差が影響していることは予想されます。

そして今週末に他の南部のチームも開幕を迎え、7試合が予定されています。

ちなみに僕の所属するケルンカージナルスは北部リーグのチームで、北部は51日に開幕が予定されています。

この開幕時期の違いで今シーズンはレギュラーシーズンの試合数が北部と南部で異なります。

予定通り開幕した南部は通常の28試合を行い、1ヶ月遅れで開幕する北部は半分の14試合が計画されています。順調に行けば両リーグ6月中にレギュラーシーズンを終え、78月でポストシーズンが行われるという年間スケジュールです。

試合数もそうですが、他にも12部の昇降格が無しだったり、入国規制により大きな戦力である外国人助っ人がドイツに入れていないなど、今年も特殊なシーズンとなります。

そんな中でも無事に開幕したことは喜ぶべきことですし、51日に北部も無事開幕できることを願っています。そして願わくば、その開幕までに僕自身ドイツへ渡れているといいなと思います。

またドイツ野球情報が入り次第共有します。

コメントを残す