ブンデスリーガ監督の仕事(番外編)

posted in: ドイツ野球 | 0

こんにちは!ブンデスリーガ1部ケルンカージナルスで監督をしております。かたやまかずさ(@wataridorich)です。

前回、前々回と練習日と試合日のスケジュールを通してブンデスリーガ監督の仕事についてご紹介してきました。

今回は番外編ということでシーズン中で一番ハードなサマーキャンプのスケジュールをご紹介します。

サマーキャンプというのは子どもの夏休みにあたる7月と8月に2度行われる1週間の野球教室のことです。

僕の所属するケルンカージナルスでは、他のクラブの参加者も招いて、多い時には100人を超える子どもが参加する大規模なサマーキャンプが行われます。

そのサマーキャンプがなかなかハードなスケジュールで行われるのでご紹介したいと思います。

   

8:30

コーチ陣集合・準備

道具の準備・グラウンド整備・ミーティング

9:00

サマーキャンプ開始・全体アップ

出欠確認・本日のテーマ確認・全員でウォーミングアップ

9:30

午前の部開始

レベルでグループを分け午前のメニュー

12:00

午前の部終了・昼休憩

昼食のためケルン体育大学へ子どもたちを引率・束の間の休憩・午後のミーティング

13:30

昼休憩終了・アップ

ゲーム要素を取り入れた軽めのウォーミングアップ

14:00

午後の部開始

ゲーム形式の午後のメニュー

16:45

午後の部終了

本日の振り返り・明日の連絡事項通知

17:00

解散・片付け

道具の片付け・ゴミ拾い・グラウンド整備

17:30~

練習or自主練

練習日は通常通り練習

   

サマーキャンプの期間はこのスケジュール+通常の練習日スケジュールとなり、長い日だと112時間以上グラウンドにいる日が5日間続きます。そして週末は通常通り試合が行われます。日本より過ごしやすいとはいえ、真夏に半日以上屋外にいるというのはかなり体力を消耗します。

キャンプ前の週には練習メニューやプラン、グループ分けもしなければなりません。

子どもたちと野球ができるのは楽しく、成長も感じられて嬉しい反面、体力的には最もしんどい1週間です。

※昼休憩中のコーチ陣の様子

3回に分けてブンデスリーガクラブの監督の仕事をご紹介してみました。いかがだったでしょうか。

今後も正しい情報を発信し続けて参りますので、興味を持っていただけると嬉しく思います。

コメントを残す