ブンデスリーガ監督の仕事(練習日編)

posted in: ドイツ野球 | 0

こんにちは!ブンデスリーガ1部ケルンカージナルスで監督をしています。かたやまかずさ(@wataridorich)です。

ブンデスリーガの監督の仕事というのがあまりピンとこないと思うので、今回は僕の平均的な練習日のスケジュールをご紹介したいと思います。

海外クラブの監督の仕事をなんとなくイメージしてもらえたらと思います。

   

午前中

 

デスクワーク

家事

トレーニングプラン作成、トレーニングの動画チェック・フィードバック、ゲームロースター・プラン作成、日本とのコンタクト、ケルン新聞の取材etc…  

買い物や掃除など  

14:00

グラウンドへ

練習の準備

自転車で約5分

グラウンド整備や道具の準備

15:00

自分の練習

Tバッティングなど基本1人でできる練習

16:00

アーリーワーク(早練)

選手がグラウンドに来だす

バッティング指導・ノックで守備指導

16:30

U-12 コーチング

クラブインストラクターとして全年代のトレーニング指導

18:00

12軍全体練習開始

参加必須の全体練習

21:00

全体練習終了・片付け

片付けが済んだら個人の自由で居残り練習

22:00

居残り練習終了・帰宅

最後に施錠してグラウンドを出る

23:00

デスクワーク

練習のフィードバック・連絡事項通知

 

基本的に月曜日がオフで火曜・木曜がチーム練習、水曜・金曜は参加自由の自主練習というスケジュールです。

試合は土日祝日なので、たまに「平日は何してるの?暇なの?」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、書き出すと自分でも思っていた以上にやることがありました。

もちろん日や時期よって変わる部分もありますが、シーズン中は主にこのようなスケジュールで日々を過ごしています。

空いた時間で本を読んだり、ドイツ語の勉強をしたり、アマゾンプライムビデオでアニメや映画を見たりしています。

僕が発信する以外出ることのない情報なので海外でスポーツを仕事としてする人のモデルケースになるかと思いご紹介しました。

次回は試合日のスケジュールもご紹介します。

興味のある方に読んでいただければと思います。

コメントを残す