教えない野球教室

延期にはなりましたが、僕がしようとしている野球普及プロジェクト【はじめまして、野球 全国PRツアー】には、大事にしていることがいくつかあり、その一つに『教えない』というテーマがあります。

『野球教室なのに教えない』というのはどういう事かというと、『野球以外教えない』ということです……すいません、余計わかりにくくなりました。

言い方を変えると『技術指導をしない野球教室』です。

このプロジェクトの目的は『野球を知ってもらうこと』で『野球を上手になってもらうこと』ではありません。ですが、目の前で子どもがバットを持っていたら教えたくなるのが指導者の性です。

ですが今回に限ってそれはしません。なぜならはじめてすることに、大人から「違う違う、そうじゃない」や「これが正しいからこうしなさい」と逐一言われると楽しさが半減してしまうかもしれません。また教えたことがうまくできなかったとき、楽しさよりもできなかった印象が強く残ってしまうかもしれません。

それに、はじめて道具を触った子の『バットで打ちたい』『ボールを投げたい』『グローブで捕りたい』という気持ちを邪魔したくないからです。

まだ野球を知らない子どもたちにルール以外で『正しいもの』などありません。『正しい打ち方』『正しい投げ方』など存在しないのです。

ボールとバットが当たればいいし、遠くに飛べば尚良いです。打ち方を問う必要はまだありません。

投げたボールが相手に届けばいいのです。上からでも下からでも構いません。

このプロジェクトでは『野球を楽しんでもらう』この一点に絞って子どもと接したいのです。

ありがたいことに、このプロジェクトを行うときに各所で『お手伝い』を名乗り出てくれた方々がいらっしゃいます。皆さん野球が好きで教えたくなる気持ちは痛いほどわかりますが、『技術指導』は禁止事項としてプロジェクトを行っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す