ドイツ人から見た日本の野球

posted in: ドイツ野球 | 0

先ほどサマーキャンプの打ち上げで(まだサマーキャンプはあと2日残っているが)コーチ陣で食事に行ってきました。

そこで一人から

「KAZUSA最近たくさんSNS更新しているけど何してるんだ?何のためのクラウドファンディング?」

と尋ねられました。

なので、『日本の野球人口が減少していること』『僕が日本で野球のPRツアーをしたいと考えていること』を説明しました。

10年前と比べると半分近くまで野球人口が減っていることをグラフを見せて説明すると、とても驚いた表情をしていました。

しかも話を聞いていたのは、チームヨーロッパの選手として日本に来て日本の野球を目の当たりにした選手や、監督が日本人ということもあり日本の野球に割と詳しいドイツ人たちです。

ドイツ人からみると日本の野球はとても大きなスポーツでその人口が10年で半分近く減っているということはとても信じられないそうです。

このように日本の野球は、野球がマイナーなドイツでも野球を知っている人には認知されています。

そして日本の野球は海外から高く評価されています。

日本で野球をしてみたいという選手もいますし、実際にドイツ代表が強化合宿に来たり、チームヨーロッパが遠征に来たりもしています。

そんな世界から評価されている日本の野球の野球人口減少という問題を、日本で育った野球人として放っておくわけにはいきません。

野球普及プロジェクトで微力ながら日本の野球界の未来のために尽力したいと思います。

 

 

野球普及プロジェクト実現のため、クラウドファンディングに挑戦中です。

ご支援・拡散・シェアのご協力をお願いいたします‼︎

 

 

本日までの支援金額▶︎343,912円(達成率31%)

支援者さま▶︎26名

目標金額▶︎111万円  

期間▶︎7/15〜8/31

 

《クラウドファンディング終了まであと27日》

 

コメントを残す