野球離れという課題に今の僕ができる2つのこと

posted in: WataridorisBlog | 0

こんにちはかたやまかずさ(@wataridorich)です。

先週末からクラウドファンディングが始まったグラブレンタルサービス『つなグラ』は野球離れを進める3つの課題の一つである「道具が高い」という課題に取り組むための事業です。

今回はその野球離れを進める3つの課題”とその課題について今の僕取り組めることを書いていきます。

 

5月15日配信のPodcastでも同じ内容で配信してますので耳から聴いてくださる方はこちらからどうぞ→Wataridori’s radio #103『野球人口減少問題に今の僕ができる2つのこと』

 

野球離れを進める3つの課題

・機会がない
・道具が高い
・環境がない
 
 
機会がない
 

僕ら世代、僕らの親世代と比べると、今は子どもたちは野球に触れる機会が減っています。

 

プロ野球のTV中継が減り、野球を目にするという機会の減少。

野球をしてこなかった世代が親になり、これまで定番だった親子でキャッチボールをするという機会も減少。

 

このような「野球への導入の機会」が減ってきていることが野球離れの原因の一つであると考えられます。

 

 

道具が高い
 

スポーツにはお金がかかります

 

その中でも野球は専門の道具が多くお金がかかるスポーツといえます。

 

スポーツにお金がかかることは理解しなければなりません。

 

しかし、それが原因で野球を始めることに高いハードルがあると感じている人が一定数いるのも事実です。

 

金銭的負担が野球離れを進めているという声も現場から聞こえてきます。

 
 
環境がない

 

「キャッチボールを禁止する公園が増えてキャッチボールをしようと思っても気軽にできない。」

「野球を始めようと思っても住む地域に野球チームが無かったり、学校に野球部が無い。」

 

といういざ野球をしようとしても「野球をできる環境が無い」というのも野球離れを加速させる一つの要因です。

 

さらにこれは逆説的に、野球人口が減っているから野球チームや野球部が減っているとも言えます。

 

ということは、この問題を放置していると野球離れが加速していく一方です。

 
 

野球離れを進める3つの課題を解決するには

・機会を提供する

・野球を始めやすい価格で道具が手に入る仕組みを作る

・野球ができる場所・チームを整える

 

この3つが野球離れという現状に野球界が取り組むべきことだと考えます。

 
 
野球離れという課題に今の僕ができる2つのこと

 

「野球に触れる機会」を提供

 

昨年から僕は「はじめまして、野球」という野球普及プロジェクトを行っています。

 

野球未経験の子どもを対象とした野球教室で子どもたちに「野球に触れる機会」を提供しています。

 

現在はコロナウイルスの影響で活動は停止しておりますが、昨年岩手県に訪れた際は3ヶ所に訪問しました。

 

そこで約100人の野球未経験の子ども達に、打つ”“捕る”“投げる”“走る野球の基本動作を体験し、ゲームを楽しんでもらいました

 

この活動を通して100人が野球を知ってくれました。

 

「野球を知ってその上で野球を選択しない」というのは全然いいんです。

 

野球を知らないだけで人生に「野球」という選択肢がないことを野球界は問題視するべきです。

 

野球の方から歩み寄る。「野球に触れる機会」を提供することが今必要な活動です。

 

 

月額1,100円のグラブレンタルサービスで金銭的負担を減らす

 

金銭的負担が理由で野球を始めたくても始められなかったり、続けていけなかったりするというのは、とても残念なことであり、野球界にとっても大きな損失です。

 

本人の「野球をやりたい」という意思さえあれば野球が始められる仕組みが今の野球界には必要です。

 

金銭的負担というその高いハードルを無くすことはできませんが、少しでも負担を軽減して、超えれる高さまで下げることはできないかと考えました。

 

そしてその仕組みこそが月額1,100円のグラブレンタルサービス『つなグラ』です。

 

 

野球普及プロジェクトグラブレンタルサービス。この2つが今の僕が野球離れという課題に対して取り組めることです。

 

いずれは「環境がない」という課題にも取り組んでいきたいと考えていますが、まずはこの2つを一生懸命に取り組んで「野球を始めるハードルが少し下がったな」感じてもらえる人が現れてくれるといいなと思います。

 

先週末から開始したのはそのためクラウドファンディングです。ご賛同いただける方がいらっしゃいましたらご協力いただけると幸いです。

 

 

本日までの支援金額▶︎16,000(達成率8%)

本日までのグラブ支援▶︎4(達成率4%)

支援者さま▶︎5

期間▶︎5/156/30

 

《クラウドファンディング終了まであと44日》

コメントを残す