ドイツ野球ベースボールブンデスリーガシーズン2021

posted in: ドイツ野球 | 0

こんにちは。ドイツ野球ベースボールブンデスリーガでプロ野球選手兼監督をしているかたやまかずさ(wataridorich)です。

 

今回はドイツ野球(ベースボールブンデスリーガ)の2021年シーズンについて現在(69日)までの状況をシェアします。

 

今年もコロナウイルスの影響を受けているドイツベースボールブンデスリーガですが、南部は予定通り4月にシーズンが開幕し、順調にスケジュールが消化され、レギュラーシーズンは残り6試合(全28試合)となっております。

 

現在の順位表はこのようになっております。

 

参照:baseball  bundesliga.de

 

そして南部の開幕から遅れること1ヶ月。58日に8チーム中5チームで開幕した北部ですが、現在一番試合を消化しているゾーリンゲン・アリゲーターズで8試合を消化しています。

 

コロナウイルスの影響でリーグに参戦できていなかったベルリン・フラミンゴズとドーレン・ファーマーズは先週からリーグ参戦許可がおり今シーズンの開幕戦を行いました。

 

北部の現在の順位表はこちらです。

 

参照:baseball  bundesliga.de

 

まだ唯一リーグに参戦できていないのは、ぼくが所属するケルン・カージナルスのみとなりました。

 

北部は1ヶ月開幕が遅れたこともあり、今シーズンは本来の試合数の半分の16試合のみがレギュラーシーズンとなります。

 

レギュラーシーズンが終わった後はポストシーズンが行われますが、今年はどういった組み合わせや制度で行われるか、まだはっきりしていません。

 

今年は昨年同様、12部の入れ替えもありません。

 

今年も特別なシーズンとなっておりますが、このまま順調にリーグが行われることに期待したいと思います。

 

そして我がケルン・カージナルスは今週末からリーグ参戦が濃厚です。

 

カージナルスの2021シーズンが無事開幕することを願います。

 

写真提供:Thomas Schönenborn 

コメントを残す