グラブレンタルサービス『つなグラ』を立ち上げたきっかけ

posted in: WataridorisBlog | 0

こんにちは!かたやまかずさ(@wataridorich)です。今日は新事業立ち上げに至ったきっかけについて書いてきたいと思います。

きっかけを知っていただくことでこの事業の目的や目指すところを理解していただけると幸いです。

グラブレンタルサービスを立ち上げるにきっかけとなった3つの要因はこちらです。

グローブが高いという悲鳴

継続的な活動が必要

プログラブメンテナーという存在

 

「グローブが高い」という悲鳴

僕は昨年から野球未経験の子を対象とした野球普及活動を行なっています。

その活動で小学校や幼稚園に訪問する機会をいただくのですが、岩手県で訪問した小学校で

「先日甥っ子にグローブを買ってあげたんですけど、5万円もしました。今のグローブは高いですね」

と苦笑いをする先生がいらっしゃいました。

グローブが高いという声を聞くのは初めてではありませんでしたが、野球普及活動で訪れた先で生の悲鳴を聞くことで気付かされました。

 

 

「いくら野球普及活動をしても野球を始めるハードルが高いままだと野球人口は増えない」ということ。
「そしてそのハードルを高くしている要因の一つがグローブをはじめとする野球道具が高い」ということだと。

これに気付いたときに、野球の魅力を伝えると同時に、野球が始めやすいように「金銭的な負担の軽減ができないか」と考えたのが、このグラブレンタルサービスを立ち上げのきっかけの1つです。

 

継続的な活動が必要

SNS等でリサーチをすると無償で子どもたちにグローブを寄付・支援を行なっている団体が存在していました。野球界のために無償で支援活動できることは素晴らしいことで頭が上がりません。

もし仮に僕に莫大な資金力があれば僕の負担で、希望する全ての子にグローブを配ってあげたいですがそういうわけにもいきません。

無償で行うということは誰かが負担するということです。無償の活動を否定する気は全くありません。ですが、支援する相手が増えれば負担も大きくなります。誰かが負担している以上限界があり、限定的で、継続的ではありません。

一方グラブレンタルサービスでは、無償とはいきません。少しの負担を利用者にしてもらうことになります。しかしそのおかげで無償の支援とは逆に、サービスの利用者が増えれば増えるほどより多くの人により良いサービスを還元できるようになります。

グラブレンタルサービスは「誰もが」「いつでも」グローブを手にすることができる世の中を作ることができる可能性があります。

無償の支援も素晴らしいことですが、有料サービスでも金銭的負担が軽減されるのであればそちらの方が継続的で野球普及に繋がると考えました。

 

プログラブメンテナーという存在

グラブレンタルサービスを立ち上げようと考えたときに、ただ中古のグラブをレンタルするだけでは何の魅力もありません。実際にもうすでに世の中にはレンタルサービスや中古販売は存在しています。差別化を図る必要を感じていました。

そこで僕が協力を仰いだのが、学生時代のチームメイトであり、現在プログラブメンテナーという(おそらく)日本で唯一の肩書を持つ矢野竜斗氏です。

中古とはいえプロのグラブメンテナーがメンテナンスをして、新品には及ばずとも、綺麗でしかもすぐ使えるグラブが手元に届けば1100円以上の価値を提供できるのではないかと考えました。

その旨を伝えたところ矢野竜斗氏も「野球界のためになるのなら」と快諾してくれました。

プログラブメンテナーがメンテナンスをして初めて生まれる価値なので矢野竜斗氏の存在はこの事業を立ち上げるにあたってもっとも大きなきっかけです。

 

野球人口減少という問題に取り組むソーシャルベンチャー事業

3つの要因をみてお分かりいただけるように、このグラブレンタルサービスは「道具が高い」という側面から「野球人口減少」という問題解決に取り組むソーシャルベンチャー事業です。僕たちはグラブレンタルサービス『つなグラ』で「野球を始めやすく続けやすい世の中」を目指します。

この事業は僕たちだけでは成し得ません。ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら5月15日から開始するグローブを対象としたクラウドファンディングへのご協力お願い致します。「まだ使えるけど自分ではもう使えないグラブ」がご自宅にありましたらお譲りいただきたいです。メンテナンスをして大切に使用させていただきます。

また、協力したいけど手元に譲れるグラブがないという方には金銭的なご支援をしていただけるようにご用意しておりますので合わせてお願い申し上げます。

《クラウドファンディング開始まであと10日》

コメントを残す