『つなグラ』でグラブを借りるメリット・デメリット

こんにちは。現在立ち上げ中の新事業グラブシェアリングサービス『つなグラ』の代表を務めますかたやまかずさ(@wataridorich)です。

 

グラブシェアリングサービス『つなグラ』は「グラブが必要な方」と「必要なくなったグラブをお持ちの方」をつなぐ、グラブのプラットフォームです。

 

今回はこの『つなグラ』にグラブを借りるメリット・デメリットについてご説明致します。

 

『つなグラ』にグラブを預けるメリット・デメリットについても記事にしていますので「必要なくなったグラブをお持ちの方」はこちらの記事をご確認ください。

 

『つなグラ』にグラブを預けるメリット・デメリット

 

それでは早速今日の本題に入ります。

『つなグラ』にグラブを借りるメリット

 

・中古だから即戦力

・かかるお金は借りた期間分だけ

・手のサイズ、ポジションが変わったら交換ができる

・使ってみて気に入ったら購入することができる

 

 

中古だから即戦力

 

新しいグラブにデメリットがあるとすれば、「硬くて使えない」ということです。

 

しかし、『つなグラ』がお貸しできるグラブは全て中古グラブです。

 

元のオーナーさまが大切に使っていたグラブなので、すぐに使える状態で、さらにプロがメンテナンスしたグラブです。

 

初心者はまだ技術が未発達の上に「硬い新品グラブ」でプレーをするというのははっきり言って難易度が高過ぎます。

 

せっかくやる気になって野球をはじめて、新しいグラブも買って練習に向かっても、グラブが新品で硬いせいで、ボールが捕れずやる気を損なってしまっては元も子もありません。

 

中古グラブを使うということははじめから使いやすいというメリットがあります。

 

かかるお金は借りた期間分だけ

 

野球を始めるには必ずグラブが必要です。

 

しかし、今のグラブは高く、1万円台でも安い方です。

 

まずは子どもが本当に野球を続けていけるのか、チームに「体験入部」を行うように、グラブの「お試し期間」として『つなグラ』を利用していただくことを提案します。

 

このように野球を始めるハードルを下げることが我々『つなグラ』でグラブを借りていただくメリットであり目的でもあります。

 

手のサイズ、ポジションが変わったら交換ができる

 

グラブは高いとはいえ、手入れをしながら大事に使えば長く使うことができます。

 

仮に5万円で買っても10年使えれば、決して高い買い物でもないでしょう。

 

しかし、どれだけ大事にしていてもそのグラブが使えなくなることがあります。

 

その一つがポジションの変更です。

 

一つのグラブ(ミット以外)で全てのポジションを守っちゃいけないこともないですが、それぞれのポジションの特性にあったグラブを使った方がパフォーマンスも発揮しやすくなります。

 

その都度グラブを新調するのは金銭的負担も小さくありません。

 

そして二つ目が手の成長です。

 

成長期であれば手のサイズも変化します。

 

まだまだ使えるグラブでも、手のサイズに合わなければどんどん使いにくくなりますし、手が大きくなることを見越して、小さな子に大きめのグラブを与える方もいますが、それだと技術の習得に悪影響を及ぼしかねません。

 

そう。成長期では必ずグラブを買い替えるタイミングが来るのです。

 

その際、月々の負担が変わらず(送料は別途)その時々に合ったグラブに交換できれば、金銭的負担を軽減することができます。

 

使ってみて気に入ったら購入することができる

 

先ほども言いましたが、今のグラブは高いです。

 

しかし買うときのグラブというのは、本来の姿ではないと言いますか、使用する時のグラブではありません。

 

新品は硬く、そのままではボールを捕ることができません。

 

使っていくと、買った時とのイメージがずれるなんてことも起こり得ます。

 

見た目や形は気に入っても、買うときに使いやすさまで知ることができません。

 

数万円という高い買い物をしたにもかかわらず、違和感を持ったまま使い続けるというのはとても残念なことですよね。

 

『つなグラ』では実際に使ってみて、本当に気に入って購入することができるので新品を買った時のようなギャップによる失敗はありません。

 

むしろ、『つなグラ』では3ヶ月借りたグラブしか購入する権利が発生しないので、本当に気に入ってそのグラブが欲しいという人しか購入することができません。

 

『つなグラ』でグラブを借りるデメリット

 

・借りられるグラブの種類に偏りが出る場合もある

・利用が長期間となると割高

 

借りられるグラブの種類に偏りが出る場合もある

 

『つなグラ』でお貸しできるグラブは日本全国に眠る「持ち主がもう使わなくなったグラブ」です。

 

ですので『つなグラ』でどのポジションのグラブが〇〇個などの調整ができません。

 

あくまで「グラブが必要な方」と「必要ないグラブをお持ちの方」をつなぐプラットフォームなので、グラブの種類や数は利用者さまに依存する形になり、必ずしも求めているグラブが『つなグラ』にあるとは限りません。

 

利用期間が長くなると割高

 

定額でグラブの交換ができるので、いくつもグラブを試したり、使い分けたりする場合にはかなりお得に利用できます。

 

しかし、同じグラブを長く使うようでしたら早めにご購入をご検討していただいた方がお得になります。

 

我々『つなグラ』は野球における金銭的負担の軽減を目的としておりますので、ご自身に合ったお得な利用方法でご利用いただけたらとおもいます。

 

最後に

 

メリットに関しては、これまでの野球界になかった

 

「使わなくなったら返却」

「合わなくなったら交換」

「使って気に入ったら購入」

 

という全く新しい選択肢を我々『つなグラ』は提供します。

 

デメリットに関しては『つなグラ』に限ったことではなく、サービスの利用というのは、利用方法次第でお得にも割高にもなるということです。

 

必要な人のお役に立てるサービスを提供していきたいと考えておりますので、メリット・デメリットをご理解のうえご利用いただければ幸いです。

 

コメントを残す